臭いを落とす洗濯法があることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

洗濯2

脂質分解酵素・消臭効果のある洗濯洗剤

加齢臭の原因は皮脂の酸化によるものです。つまり、脂質分解酵素が配合された洗濯洗剤の使用をお勧めします。ただ、注意して欲しいのは、脂汚れは落ちるけれども臭いは残ります。そこで活躍してくれるのが、脂質分解酵素・消臭効果のある洗濯洗剤です。

楽天で1位を取得するほどの売り上げ

消臭効果のある成分はカテキン、ポリフェノール、ミョウバン、重層などが挙げられます。これらの消臭成分が配合された洗濯洗剤を洗剤を調べてみました。結果、カテキンは洗剤はなく液体のみがありました。ポリフェノールとミョウバンは、ありませんでした。重層は、「トップ」「消臭ブルーダイヤ」「ロケット石鹸」「アワーズジェル」がありました。消臭成分配合の洗濯洗剤を探したら、たった3つしかないという結果になりました。

加齢臭の洗濯は、成分をチェックしたり新しい洗剤に変えたりと、とても面倒ですね。実は、そういった手間を省いてくれる商品を見つけだしました。いつもの洗濯洗剤にスプーン1杯加えるだけという簡単なものです。まるでなかったかのように、加齢臭が消える効果のある洗剤だそうです。その洗剤は「魔女っ子」というネーミングで売られています。楽天で1位を取得するほどの売り上げだそうですので、試してみてはいかかでしょうか。

洗剤

ナノックス

洗濯物の臭いに着目して開発された洗剤も、最近は出始めました。 例えば液体洗剤「トップ」です。 「ナノックス」は体臭の原因物質「オレイン酸」などの皮脂汚れに威力を発揮する、「MEE」という成分を配合しています。 よく、普通に洗濯しても落ちない臭い汚れには、1回の洗剤量を増やすとよいと思う方が多いですようですが、これは間違いです。 洗剤を多くしても洗浄力には大差ありませんし、すすぎの泡残りという心配も出てきます。 洗濯洗剤は適量がおすすめです。

洗濯前の部分洗いや浸け置きの方が効果的 ポイント

洗剤を増やすよりも、洗濯前の部分洗いや浸け置きの方が効果的といえます。 まず、40℃くらいのぬるま湯に洗剤を溶かします。 汚れた部位に酵素系漂白剤を付けて、あとは浸け置きしましょう。 漂白剤は色素分解や雑菌除去はしてくれますが、汚れを落とす効果はありません。 洗剤と併用すると効果的ですよ。ちょっとした知識のようですが、これを知っているのと 知らないのとでは大きな差がでますよね。ぜひ活用してください。

加齢臭の効率的な対策方法の基礎的知識