男のアンチエイジングとしての加齢臭予防があることを認識しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

加齢臭を抑えれば若返る

年を重ねると、古くなった油のような独特の体臭

年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」があります。外見・体力・健康など、いつまでも若い頃のままでいられません。それを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。「男のアンチエイジング」の中に、加齢臭対策も含まれているのは当然だと感じます。汗をかきやすい季節になると気になる「加齢臭」”オヤジはクサい”というのは、医学的にも明らかになっています。年を重ねると、古くなった油のような独特の体臭が出てしまいます。これが、いわゆる加齢臭と呼ばれるものなのです。

加齢臭の原因物質はノネナール

加齢臭の原因物質は、ノネナールという成分です。これは表皮の皮脂に含まれるパルミトオレイン酸が酸化されてできる物質です。このノネナールは若い人にはほとんどなく、40歳を過ぎると急増します。年を取ると抗酸化力が落ちてしまい、パルミトオレイン酸が酸化されやすくなります。また、パルミトオレイン酸も、年を重ねるごとに増えていきます。皮脂腺の多い部分で特にノネナールができやすく、胸、背中、頭、ワキの下などが挙げられます。

世の中には様々な人がいますから、ワキガをセクシーと感じる人もいます。それと同様に、「加齢臭が好き」という女性だって存在します。希望が見えてくるかもしれませんが、残念ながら、それはあくまで少数派です。とある会社が30~70代の男女150人に「他人の体臭で気になるもの」というのを調査しました。その結果、加齢臭は口臭に次いで第2位でした。ワキガよりも上位に入っており、60%以上の人が「気になる」と答えているのです。

若返り対策

頭をかかえる人

夏になりますと、どうしても体臭が気になってきます。 加齢臭対策の基本的なことですが、とにかく汗の臭いを残さないことが大事です。 実は加齢臭は汗の臭いとは違うのですが、汗の臭いと混じることで強烈なものへと変化します。 汗をかいたら、汗ふきシートなどで早めに拭き取りましょう。 汗をかいて染みた服を長時間着続けないことも大切ですね。 スーツなど、こまめに洗濯できない服は、消臭スプレーを利用すると良いでしょう。

やたらに香水を使うのはよくない ポイント

加齢臭を消そうと、むやみやたらに香水を使うのはよくありません。 欧米人のように体臭が強いわけではないので、臭いを上書きするよりも消す方が無難なのです。 早寝早起きを心がけましょう。 睡眠不足は体内の過酸化脂質を増やしてしまうので、ノネナールができやすくなります。 タバコを控えることも大切です。 タバコは大量の活性酸素を発生させますし、ニコチンの臭いが「オヤジクサさ」に拍車をかけます。 つまり、加齢臭が強調されてしまうのです。 あとは、抗酸化作用の強い食品やサプリメントを積極的にとりいれましょう。即効性はもちろんありませんが、時間をかけてしっかりと 加齢臭を押さえるための対策になります。

加齢臭の効率的な対策方法の基礎的知識