体臭を防ぐことによって加齢臭も抑えることができることを知りましょう

サイトマップ

トップバナー

犬の体臭の予防

体臭を防ぐことによって加齢臭も抑えることができる

犬も人間と同じように、体臭や加齢臭があります。つまり、体臭を防ぐことによって加齢臭も抑えることができるのです。では、犬の体臭予防にはどんなものがあるのでしょう。まずは、皮膚です。犬の体にフケや皮脂がたまった状態を放置していると、常在菌が増殖しやすくなります。

お散歩の後にも気をつける

普段から不潔にしていると危険なので、気をつけてください。また、耳や口の周り、陰部周辺は特に汚れがたまりやすいです。ブラッシングやコーミングなどのお手入れを、毎日きちんとしてあげるようにしましょう。ブラッシングやコーミングは、抜け毛や皮膚の汚れを取り除く効果があります。他にも、寄生虫の除去、皮膚の血行促進、飼い主とのスキンシップなどといった効果もあり、犬の健康維持には欠かせません。

お散歩の後にも気をつけましょう。雑菌や胞子などの汚れがたくさん付着しています。散歩の後は、犬を休ませながらブラッシングやコーミングをおこなう習慣を身につけましょう。被毛のお手入れは長毛種だけと思いがちですが、短毛種であっても大切なものなので気をつけましょう。体臭の予防には、愛犬の体を清潔に保つことが大切です。

皮膚トラブル

元気なペット

皮膚トラブル以外にも、歯周病(歯槽膿漏)が原因となって体臭が強くなることもあります。 犬の口腔内はアルカリ性です。 つまり、人間以上に雑菌が繁殖しやすい環境となっています 恐ろしいことに、歯にできた歯垢は、たった2~3日程度で歯石に変化するというのです。

強いストレスを与えないように気をつける ポイント

もし、口の中の臭いや汚れが気になり始めた時は、歯石除去や虫歯予防などの歯磨きグッズに注目してみましょう。 皮膚病の犬は、ストレスが原因で皮膚の状態が悪くなっていることがほとんどです。 それが原因となって、体臭が強くなってしまう場合もあります。 なるべく強いストレスを与えないように気をつけることも大事です。 ストレスの原因は様々ですが、エサを急に変えたり、散歩に連れていかなかったり、など 日頃と違うことをさせることです。このようにペットを飼っている方は要注意です。

加齢臭の効率的な対策方法の基礎的知識