りんご酢がもたらす体への効果を理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

りんご酢とみょうばんを使った加齢臭対策

りんご酢を飲むと、加齢臭の軽減に効果

加齢臭の対策が様々ある中、今回は「りんご酢」についてお話したいと思います。りんご酢は加齢臭に良いのでしょうか。正解は”良い”です。りんご酢を飲むと、加齢臭の軽減に効果があります。加齢臭などの体臭というのは、ワキガで有名なアポクリン腺からの汗に、雑菌が繁殖や酸化するなどして、あの強い臭いを放つようになります。この臭いの元となるアポタンパクという物質を、りんごの繊維質が減少させてくれるのです。

まずはりんご酢から初めてみるのも良い

りんごだけではなく、お酢にも効果はあります。お酢には、抗酸化作用や殺菌作用があり、その抗酸化作用によって、加齢臭の原因である皮脂の脂肪酸の酸化を防止してくれます。それによって、加齢臭を軽減することが可能になります。りんごだけでも、酢だけでも、加齢臭の改善効果になるのです。その2つが合わさったりんご酢は、 加齢臭対策にとても良いものだと言えますね。

最近ではビネガーと言われるようになり、様々な果物のお酢を飲む機会が増えました。その中でも、りんご酢は酢の中でも比較的飲みやすい味です。もし、味に飽きてしまったら、ソーダ割などにしても良さそうですね。注意して欲しいのが、飲めばすぐに効果があるわけではないということです。ある程度の期間は、飲み続ける必要があるでしょう。もし加齢臭が気になるのでしたら、まずはりんご酢から初めてみてはどうですか?

みょうばん

みょうばん

みょうばん水を使った加齢臭を防ぐ方法を紹介します。みょうばんは、漬物に色をつけるのに使われるといったイメージがあります。ですが実は、加齢臭という言葉が存在しなかった昔から、消臭用としても使われていました。みょうばん水をスプレーしたり、みょうばん入りのお風呂に入るといった、身近で手軽な方法で加齢臭の予防効果が期待できます。これを機に、みょうばんで加齢臭対策をしましょう。みょうばんは、皮膚科でのわきがの治療などにも使われていたといいます。みょうばんには加齢臭を消してくれる他にも、素晴らしい作用があります。殺菌作用に、匂いを消してくれる働き、それと加齢臭発生の元になる汗が出るのをおさえてくれる作用です。 みょうばんは石油系の合成添加物ではなく自然のものなので、安心して使えますね。

加齢臭を消し汗が出るのも抑える ポイント

まず、みょうばんを水に溶かしてミョウバン水の原液を作りましょう。 みょうばん、1.5リットルのペットボトル、水(水道水)を用意します。 鍋に水を入れて、お湯が沸いたらみょうばんを入れ、完全に溶かします。 冷えたらペットボトルに移して完成です。 これは原液ですので、実際に使うときは水で薄めて使います。 10倍くらいに希釈したみょうばん水を、加齢臭の気になる服のわきや襟にスプレーしてください。 タオルなどに含ませて、加齢臭が発生するといわれるところを拭いてあげるのもよいです。 みょうばん風呂は、みょうばん水の原液50cc程度をお風呂のお湯に入れるだけです。 みょうばんが加齢臭を消してくれる上に、汗が出るのも抑えてくれますよ。 汗を抑えるスプレーもよいですが、このような天然物は体に安心ですよね。

加齢臭の効率的な対策方法の基礎的知識